かかりつけ薬剤師ってなに?
メリットデメリットを紹介!

ども! 薬剤師ほりたんです!!
 
 
 
 
かかりつけ薬剤師って、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。
 
 
今回はかかりつけ薬剤師のメリット・デメリットを紹介します!
 
 
 
参考:日本薬剤師会ホームページより
スポンサーリンク

かかりつけ薬剤師とは

患者さんが契約をした薬剤師のことです。

 
 
契約をすると、
同じ薬剤師さんに薬の管理をしてもらえます。
 
 

かかりつけ薬剤師になれるのは、充分な経験がある薬剤師だけです。

かかりつけ薬剤師になるには、以下の条件が必要です。

  • 薬剤師として薬局での勤務経験が3年以上
  • その薬局に週32時間以上勤め、かつ半年以上在籍している
  • 医療に関する地域活動に参画している
  • 薬剤師研修認定等を取得している

 

 
 

メリット

一人の薬剤師さんに薬を管理してもらうので安心です。

何人もいる薬剤師さんではなく、

一人のかかりつけ薬剤師に任せることで、より確実に飲み合わせをチェックしてくれます。

飲んでいる薬の伝え忘れを防いでくれるからです。

たくさんの薬剤師にくすりを頼んでいたら、他の病院でもらっている薬を伝え忘れてしまうこともありますよね。

24時間相談に対応してくれたり、必要ならば患者さんの自宅で在宅医療をします。

くすりの副作用が心配だったり、飲み合わせについて電話で相談できます。

お薬をご自宅まで持っていきます。

医療チームのサポートを受けられます。

必要なことがあれば、薬剤師から処方医や医療機関に問い合わせをします。

医師や看護師などと連携をとることで、チームでサポートできます。

デメリット

3割負担の場合、 60円または100円程度、負担が増えます。

ご高齢の場合は、負担割合も異なるため値段も変わります。

薬剤師に相談すれば答えてくれます。

<お願いごと>

おくすりの飲み合わせをチェックするために、お薬手帳は一冊にまとめてくださいね。

どの医療機関のシールも、ひとつのお薬手帳に貼ってください。

よろしくお願いいたします。

読んで頂きありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク