風邪薬は子供にどう飲ませるの?(粉くすりの組み合わせ編)

ご閲覧ありがとうございますっ

医療人としての仕事をやめ、ブログをはじめました!

第一回は、

子供にくすりを飲ませるときの注意点 (粉ぐすりについて)です。

   

これからお母さんお父さんが気になることを記事にしていく予定です!

よければ次回も見に来てください(^^♪    

((暑いので子育てをしているお母さんお父さん、こまめな水分補給をお願いしますm(__)m))  

さて、本題の粉薬の飲み方ですが 私が今回伝えたいのは、

抗生剤(細菌にアタックするくすり)についてです。

困ったことに組み合わせによっては苦くなってしまうんですね....

しかも、くすり同士の組み合わせではなく、食べ物でも苦くなってしまう。

いやそれだけでもなく、お薬を飲ませるためのオブラートゼリーでも苦くなります。  

苦くなる薬はずばり、 ジスロマック、クラリスといったニューキノロン系の抗生剤です。 (他に組み合わせで特別苦くなるくすりは多くありません)  

酸性のたべもの(オレンジジュース、ヨーグルト、スポーツドリンクなど)で、より苦くなってしまいます。 

なかでもマヨネーズとの組み合わせは最悪です💦  

キーワードは“酸性”です。

粉薬は一粒一粒あんなに小さいけれど、苦くならないように周りがコーティングされてるんです💦 

だけど酸性になるとそのコーティングが剥がれちゃうんですね 。(;´д`)トホホ  

風邪でよく使うムコダイン(カルボシステイン)といった薬は酸性なので、これでも苦くなることが予想できます。

酸性のオブラートゼリーもそうですよ。

市販のゼリーだと、裏側を見れば酸性かどうかわかる場合があります。pHが7くらいのものを選びましょう♪  

飲み合わせについては薬剤師さんにぜひ相談してくださいね^^

スポンサーリンク